膣がんの名医【膣がんの警告】

膣がんにはこんな名医があります

膣がんは非常にまれながんのため、婦人科の専門医でも膣がんを治療した経験のない医師も多くなります。
そのため、検査をしても発見が遅れたり、治療が遅れたりといったことが起こる場合もあります。
そのようなことにならないためにも、膣がんの症例を多く扱った経験があり、技術、実績ともに優れた産婦人科医のいる病院を探さなければなりません。

膣がんの多くは膣の粘膜の表面に発生します。
そのまま放っておくと、どんどん進行して浸潤し、やがて周辺の臓器にまで転移してしまうことになります。
そのため、できるだけ早期に治療を行なうことが重要です。

膣がんの治療を行うにあたって、どうしても膣や子宮をそのまま温存したいという希望のある場合は、その旨を主治医に話し、相談することが大切です。
そのような患者に対しては、手術による切除は行なわずに、放射線治療のみで治療を行っていくことも可能となるからです。
しかし、放射線治療は、膣や子宮は残すことができますが、反面、後遺症がでてしまうこともあります。
治療により直腸に穴があき、膣から便が漏れてしまうという直腸腟ろうなどの後遺症がでてしまうことも考えられます。
この場合は、人工肛門を作ることになります。
手術を行なうことによる後遺症だけではなく、放射線治療を行うことによる後遺症も考慮しなければなりません。
また、手術によってがんをすべて取り除くことができれば、それが一番完治する確率の高い治療法になります。
もし、手術をしないで放射線療法を行なったことにより、がんを再発させることにつながり命を落とすことにもなりかねません。
十分に考えた上で、最終的に意思決定を下すのは患者本人でなければなりませんが、治療により起こりうるあらゆる後遺症について、主治医と話し合い、十分理解して納得をしたうえで治療を進めていくことが何よりも大切なことになります。
後悔しない治療を行うためにも、信頼できる主治医にお願いすることが重要です。

がんの克服方法

膣がんの名医【膣がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ