がん情報センター

そもそも「がん」ってどういう病気?

「がん」というのは、簡単に言うと遺伝子がうまく機能しないために起こる病気の事です。

人間の体というのは、60兆個もの細胞のかたまりで出来ていますが、これらの細胞は「遺伝子」と呼ばれるものによって働きを制御されています。

細胞というのは分裂を繰り返し、どんどんと自分の細胞を増やしていきます。 ある臓器の一部では、新しい機能をもった細胞も出てきます。

細胞は、古い細胞が壊されては、分裂するという一定の法則にしたがって分裂増殖しているのです。

しかし、その中で細胞の分裂を正しくコントロールするための遺伝子が障害を受けると、 無駄に細胞が分裂増殖を繰り返す事になってしまいます。

必要もないのに、その細胞が分裂増殖していくと、大量の組織が発生します。

その大量の組織こそ「ガン細胞」であり、「ガン」の病気の原因なのです。

がんには様々な知識サイトあります

「がんの疑いがある」と言われたらあなたはどうしますか?

実際にがんと診断された時には、自分は何をどうしたらいいのか途方にくれてしまうことが多いと思います。

しかし、医学は日々進歩していますから、「がん=不治の病」ではありませんので大丈夫です。

もしもがんと診断されたら、体の状態、経過、治療方法について、主治医から説明があります。

今後にかかわる大切な話し合いですし、説明を聞いて安心する事もありますが、なるべくなら家族や親しい方と一緒に説明を聞くようにしましょう。

また、治療法を選ぶのは患者さん自身でもあります。安心して治療を受けるためにも納得がいくまで質問して疑問を解決し、家族や親しい方とも話し合いましょう。

もしも、主治医と意見が異なったら…

病院によって、主治医によってもその時、その人の状況、患者自身が思っている意見によっても主治医の進める意見と言うのは違っているようです。

もしも主治医と意見が異なってしまった場合は、まずは冷静になって主治医のすすめる理由をくわしく聞いてみましょう。

主治医も何らかの根拠にもとづいて意見を述べているはずです。

その上で判断に迷った場合は、セカンド・オピニオンという制度がありますので利用するのも手段の一つです。

【オススメ】
兵庫県 不用品回収 | 広島で不用品回収 | 松山市 不用品回収 | 不用品回収 福岡 | 徳島 遺品整理 | 家の掃除 | 滋賀 粗大ゴミ回収 | 山口 茶道具買取り | 佐賀 生前整理

がんの克服方法


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ