子宮体がんの手術方法【子宮体がんの警告】

子宮体がんにはこんな手術方法があります

子宮体がんは、ほとんどの場合、外科療法による治療になります。

早期発見の場合は、子宮のみを摘出する単純子宮全摘出術がおこなわれることが一般的です。
単純子宮全摘出術は、手術により子宮、卵巣、卵管を摘出します。
子宮体がんでは、卵巣も一緒に摘出しますが、これは、卵巣から分泌されるエストロゲンといわれる女性ホルモンが子宮がんをがん細胞を増殖させるからです。

単純子宮全摘出術の方法は、開腹して行う開腹式の手術と、膣から摘出する膣式とがあります。
開腹式のほうが手術の確実性は高いため、この方法がとられることが多いですが、膣式のほうが、患者への負担が少なく、術後の回復も早くなります。
しかし、術後に妊娠や出産を希望する患者に関しては、子宮内膜掻爬とホルモン療法で治療を行っていきます。

拡大子宮全摘出術は、子宮のほかに周囲の組織や膣の一部も一緒に切除する方法です。
がんの進行具合によっては、骨盤内や腹部大動脈周囲のリンパ節切除も行います。

広汎子宮全摘出術はさらに進行が進んだ場合に用いられる方法で、子宮、膣、卵巣、卵管など広い範囲にわたって切除します。

また、リンパ節にまで転移している可能性が高いため、同時に骨盤内のリンパ節も切除することになります。
進行度によっては、腹部大動脈周囲のリンパ節も同時に切除します。

がんの克服方法

子宮体がんの手術方法【子宮体がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ