子宮頸がんの治療方法【子宮頸がんの警告】

子宮頸がんにはこんな治療方法があります

子宮頸がんの主な治療法には、手術による外科療法と、化学療法、放射線療法があります。
どの治療方法を選択するかは、子宮頸がんの進行の具合や、患者の年齢などを考慮してから慎重に決定します。

外科療法の場合、手術によって子宮を摘出することになります。
子宮頸がんの進行の具合によっても大きく変わってきますが、早期の場合においては、子宮を残したままの治療も可能になりました。
そのため、手術後も、妊娠や出産が可能になります。

放射線療法は、がん細胞に放射線を照射することにより、がん細胞を殺す治療法です。
日本では、手術では対応できないような進行が進んだ場合や、再発してしまった場合に主に用いられる療法です。

放射線療法には2通りの方法があります。
ひとつの方法は、体の外から放射線を照射し、がん細胞を殺す外照射、もうひとつの方法は、子宮内に直接放射線源を入れてし照射する膣内照射です。
外照射と膣内照射を組み合わせる場合もあります。
また、手術と併用して、放射線治療を行う場合もあります。
なお、一度に照射する放射線の量には制限があり、一度に大量の放射線を照射すると副作用が出ることがあるので、注意が必要です。

抗がん剤による化学療法は、外科手術だけでは切除しきれない場合や、再発してしまった場合に使われます。
放射線療法と化学療法とを組み合わせて治療を行う場合もあります。

がんの克服方法

子宮頸がんの治療方法【子宮頸がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ