子宮頸がんの原因【子宮頸がんの警告】

子宮頸がんにはこんな原因があります

子宮頸がんの発症の原因として考えられているのが、ヒトパピローマウイルス(HPV)への感染です。
子宮頸がんの患者のおよそ90%から、このヒトパピローマウイルス(HPV)が検出されていると報告されています。

ヒトパピローマウイルス(HPV)は性交渉により感染するウイルスです。
そのため、子宮頸がんには若い女性でかかる人も多く、最近では20歳台で発症する例も増えてきています。
ヒトパピローマウイルス(HPV)は、低年齢での性交の場合や、性交の頻度が多い人ほど感染するリスクが高くなるとされています。

ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染した人がすべて子宮頸がんを発症するわけではありません。
ほとんどの場合は、免疫によって排除されます。
子宮頸がんを発症するかどうかは、その人の体質や遺伝的要素にも関係すると思われます。

子宮頸がんは、性交渉による感染のリスクがとても大きながんであるということが大きな特徴です。
そのため、年齢に関係なく、誰でも発症してしまう危険性があります。
比較的性体験が早かった人や、性交渉の頻度が多い人はなりやすい傾向にあるとされています。
また、妊娠や出産の回数が多い人も、かかりやすいといわれています。
経口避妊薬(ピル)も、子宮頸がんにかかるリスクを高めるとされています。

がんの克服方法

子宮頸がんの原因【子宮頸がんの警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ