精巣がんの予防方法【精巣がんの警告】

精巣がんにはこんな予防方法があります

精巣がんの日本における発症率はそれほど多くはなく、年間10万人に約0.7~1.8人の割合です。
普通がんの発症は高齢になるほど高くなる傾向がありますが、この精巣がんの特徴は、若い人に多く発症がみられるという点です。
年齢で見ると、乳幼児や15歳から35歳の青壮年の男性に多く発症がみられるのが特徴です。

若い年齢層にとっては、がんを発症するなどということは普段あまり考えないのが一般的です。
そのため、発症してもそれをがんであると受け入れることが難しいことが考えられます。
このことは、精巣がんの発見を遅れさせる原因のひとつだと思われます。

また、部位が部位だけに、羞恥心からなかなか受診ができなかったり、親に相談できなかったりすることで、発見が遅れてしまうというパターンもあります。
異変に気づいたら、早いうちに勇気を持って親に相談するか、病院を受診するかを必ず行なうことが大切です。

精巣がんは、自分で触って発見することが容易です。
実際、患者のほとんどが自分で発見していることからもわかります。
睾丸の腫れや硬さは気になるが痛みはまったくないという人がほとんどのため、痛みを感じなくても異変を発見したらすぐに病院を受診することが重要です。

病院では、超音波検査を行い、精巣の内部を検査すれば、確実に発見することができます。
また、専門医であれば触診で診断することができます。

がんの克服方法

精巣がんの予防方法【精巣がんの警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ