精巣がんの原因【精巣がんの警告】

精巣がんにはこんな原因があります

精巣がんを発症するのは圧倒的に若い男性に多いと言われています。
どうして若い男性が多く精巣がんを発症するのか、その原因ははっきりとはわかっていません。
欧米の白色人種の場合では、日本人に比べてさらに発症率が高いといわれていますが、その理由もはっきりとはわかっていません。
精巣がんを発症するはっきりとした原因はわかっていませんが、原因ではないかと考えられていることはいくつかあります。

精巣がんを発症する要因のひとつとして停留精巣があげられます。
停留精巣を持つ男性は、そうではない男性にくらべて約2.5倍~11.4倍も発症のリスクが高くなるというデータがあります。
停留精巣とは、精巣(睾丸)が入っている袋である陰嚢の中に精巣が入っていない状態をいいます。
このような精巣の発達異常が、精巣がんの発生要因となる可能性が高いのです。

おたふくかぜを発症することも、精巣がんの発症と関係があるといわれています。

遺伝的な要因やホルモンとの関連性も考えられます。
家族や血縁関係にある親戚の中に、精巣がんにかかったことがある人がいる人は、それだけ発症リスクも高くなると考えれています。

また、精巣がんと免疫系の関連性も考えられ、発症リスクを高める要因になるといわれています。
具体的には、後天性免疫不全症候群(AIDS)や耳下腺睾丸炎、EB(Epstein-Barr)ウイルスなどの感染症にかかることは精巣がんの発症リスクを高くすると思われます。

がんの克服方法

精巣がんの原因【精巣がんの警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ