胃がんの名医【胃がんの警告】

胃がんにはこんな名医があります

胃がんの名医の条件としては、まず手術経験が豊富なことがあげられます。
知識が豊富なだけではなく、現場で実際に胃がんの切除手術を多く経験している医師を選びます。

高度な技術を必要とする内視鏡手術においても同じです。
現場での経験を多く積み、多くの症例を実際に見てきたことにより、腕も確立し、いざというときの判断力もつき、的確な判断を下せるようになるからです。

また、胃がんの名医の条件は、豊富な経験に加えて、最新治療の知識を豊富に持っているということが必須になります。
医学は常に進歩を続けています。
最新の治療方法や薬、研究成果などに常に敏感で、常に最新の情報を集め、日々勉強をしている医師を選びましょう。

胃がんの専門家であるという自覚をしっかりと持っていることが大条件です。

また、胃がんは死のリスクもある病気です。
そんな胃がんの患者の不安な気持ちを理解し、気遣いができることは、患者にとっても大きな心の支えになります。
その患者の症状だけではなく、患者の性格も含めてケアをしていけるような医師が名医といえるでしょう。

また、胃がんの治療には、医師の腕のほかにも、病院のチームワーク力が大変重要になります。
胃がんの最大の治療法である手術療法はもちろん、内視鏡手術、抗がん剤などの化学療法など、それぞれの治療法のプロがすべて揃っていて、かつそれぞれの専門家がしっかりと連携して治療を進めていける病院を選びましょう。

胃がんの名医に関する情報は、知人からの紹介、雑誌やマスコミなどの情報、またインターネットからの情報で得ることができます。

がんの克服方法

胃がんの名医【胃がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ