胃がんの治療方法【胃がんの警告】

胃がんにはこんな治療方法があります

胃がんの治療は手術による切除が最も有効です。

その他の治療法では、放射線治療、抗がん剤治療がありますが、胃がんの場合はこれらの治療はあまり有効ではないため、手術での治療の補助手段として使われたりします。

抗がん剤治療は、転移が広がり手術で切除しきれない場合や、手術後に再発した場合にも投与されることがあります。
また、たとえ手術で切除できたとしても、再発を予防する意味で投与される場合もあります。
いずれにしても抗がん剤治療は副作用を伴うため、効果と副作用とをよく観察しながら治療を続けていく必要があります。

放射線治療は、がん細胞に放射線をあてることにより、がん細胞の分裂を抑えたり破壊したりする治療法ですが、放射線治療を行うことにより健全な細胞まで傷つけてしまう可能性があり、また副作用もひどいため、胃がんにはあまり好ましくない治療法だといわれています。

病変が浅い場合は、内視鏡を使って胃がんを切除する内視鏡的粘膜切除術が行われることもあります。
この方法は、がん細胞がリンパ節にまで転移している可能性が極めて低い場合に使われる方法です。

もしも内視鏡による切除だけで不十分な場合は、手術で胃を切除する方法が必要になります。

がんの克服方法

胃がんの治療方法【胃がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ