小腸がんの原因【小腸がんの警告】

小腸がんにはこんな原因があります

小腸にできる腫瘍は、良性に比べて悪性、つまりがんの場合が多くなるのが特徴です。

小腸がんを発症するはっきりとした原因はまだわかっていませんが、小腸がんの場合、その患者の病歴と関連していることもあります。
小腸がんの中でももっとも多い腺癌では、小腸にクローン病がある場合にがんを発症するリスクが高くなるといわれています。
クローン病とは、消化管の慢性炎症で、小腸や結腸に多く見られます。

また、セリアック病も小腸の発症リスクを高める要因とされています。
セリアック病は、小児脂肪便症ともいい、グリテンというタンパクに対する免疫反応によって引き起こされる消化器系疾患です。
この病気により、小腸の内膜が傷つけられ、その結果、食物の栄養素をうまく吸収できなくなります。

遺伝性非ポリポーシス性大腸癌、家族性大腸腺腫症なども小腸がんのリスクを高めるとされています。

また、小腸がんは、女性に比べて男性の方が多く発症する病気です。

食生活などの生活習慣も、小腸がんを発生させる危険因子です。
どのがんにでも共通することですが、喫煙、飲酒は要注意です。

また、脂肪分の多い食事を多く摂っていると、リスクが高まります。
喫煙、飲酒に加え、栄養のバランスの悪い、偏った食習慣は、リスクをさらに高めることになります。

がんの克服方法

小腸がんの原因【小腸がんの警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ