小腸がんの症状【小腸がんの警告】

小腸がんにはこんな症状があります

小腸がんは非常にまれながんで、日本でも1万人に1人いるかいないかの割合だと言われます。

小腸がんの種類には5つあります。

腺がん、肉腫、カルチノイド、消化管間質腫瘍、リンパ種の5種類です。

この5つの小腸がんの中でも最も多く発症するものは、腺がんです。

腺がんは小腸の内側の粘膜の中にある腺細胞に発生するがんです。

腺がんの多くは、胃の近くの小腸で発生します。

また、肉腫の一種である平滑筋肉腫は、小腸の平滑筋細胞から発生します。

平滑筋肉腫の多くは、大腸の近くの小腸で発生します。

小腸がんも、他の消化管系のがんと同様に、初期の段階では症状がほとんどないのが特徴です。

また、小腸がんは、他の病気によっても引き起こされることがあります。

小腸がんの徴候としては、腹部の痛み、または腹部の痙攣があげられます。

また、腺がんを発症すると、血便が出ることがあります。

これは、腸管の出血が原因で起こります。

また、小腸がんが進行して、がん細胞が大きくなると、腸を塞いでしまうことがあります。

腸管が閉塞してしまうと、腸閉塞の症状があらわれます。

具体的には、激しい腹痛、嘔吐、腹部膨張などです。

その他の症状としては、お腹が鳴る、お腹が張る、腹部のしこりなどがあります。

また、体重減少、貧血、消化管の異常といった症状が出る場合もあります。

小腸がんにはこれといった特有の症状も特にないため、かなり進行した状態で発見される場合が多くなってしまいます。

早期で発見するためにも、腹痛や吐き気などの症状が続く場合は、胃や大腸などの検査と一緒に小腸の検査も受けるようにしましょう。

【PR】
家族が小腸がんによって万が一のことがあったら…。
身の回りの整理が必要になってきます。

どうしても片付けられないような状況でしたら、山口 遺品整理に任せてみましょう。

色んな業者さんがいますが、ここはスタッフの感じもよさそうで安心できますよ。

がんの克服方法

小腸がんの症状【小腸がんの警告】記事一覧

小腸がんの原因【小腸がんの警告】

小腸にできる腫瘍は、良性に比べて悪性、つまりがんの場合が多くなるのが特徴です。小腸がんを発症するはっきりとした原因はまだわかっていませんが、小腸がんの場合、その患者の病歴と関連していることもあります。小腸がんの中でももっとも多い腺癌では、小腸にクローン病がある場合にがんを発症するリスクが高くなるとい...

≫続きを読む

小腸がんの予防方法【小腸がんの警告】

小腸がんの特徴としては、年齢に関係なく若い人たちも発症するがんであるということがあげられます。そのため、若い人たちも定期的に検査に行くことをおすすめします。また、小腸がんの特徴として、がんの発症が他の病歴と深く関連しているということがあげられます。たとえば、クローン病があります。クローン病は、小腸を...

≫続きを読む

小腸がんの治療方法【小腸がんの警告】

小腸がんの治療方法としては、外科手術、放射線療法、化学療法があります。治療は、がんの進行度や患者の状態に応じて行われます。小腸がんの治療では、外科手術が最も一般的です。ポリープ状の早期がんの場合は、内視鏡的切除が可能です。外科手術は、がんの進行度に応じて、小腸の一部切除、あるいは全切除を行います。放...

≫続きを読む

小腸がんの名医【小腸がんの警告】

小腸がんはがんの中でも非常に症例の少ないがんです。日本でもとても珍しく、小腸がんの患者は、1万人に1人いるかいないかといった確率です。アメリカにいたってはさらに珍しく、10万人に2人の確率だといわれています。そのため、小腸がん専門の名医を探すのはとても難しいでしょう。小腸がんの治療方法は、現在のとこ...

≫続きを読む

小腸がんの手術方法【小腸がんの警告】

外科手術は、最も一般的な小腸がんの治療法です。手術の方法は、がんの進行度によっても異なってきます。手術は、がんの進行度に応じて、小腸の一部切除、あるいは全切除を行います。また、がんが小腸以外の周辺の臓器にも転移している場合は、小腸のほかにも周辺の臓器も切除します。小腸のがん細胞の部分を切除した後は、...

≫続きを読む

小腸がんの克服方法【小腸がんの警告】

小腸がんの手術を行い、がん細胞を取り除くことができたとしても、それで治療が終了する場合は少なく、その後も化学療法などで治療を続けていくことになります。抗がん剤投与による化学療法は、通院により行われます。抗がん剤投与は、副作用も考えられるため、続けていくことは大変なことでしょう。しかし、小腸がんを必ず...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ