前立腺がんの名医【前立腺がんの警告】

前立腺がんにはこんな名医があります

前立腺がんの治療にはいろいろあり、選択肢がたくさんあるのが特徴です。
医師自身も選択肢がありすぎて、どの治療法にすればよいか迷うこともあります。
ましてや患者にとっては、知れば知るほど、どの治療法が自分にとって一番いいのか迷うこともあるかもしれません。

前立腺がんの治療の場合、治療後に後遺症が残るケースが多く見られます。
前立腺がんの治療での主な後遺症は、勃起障害と尿失禁です。
前立腺の周りには勃起に関係する神経があり、この神経が傷つくことで勃起障害が起こります。
また、尿失禁の後遺症は、尿道括約筋が傷つくことにより起こります。

前立腺がんの治療を行うにあたっては、治療の後遺症や副作用について十分に説明を受けることが大切です。
万が一、後遺症が残ったとしても自分にとって我慢のできる治療方法を自分自身で選択する必要があります。
そのためにも、ひとりの医師の治療法でどうしても納得がいかない場合は、セカンドオピニオンを聞くことが大切です。

また、最近では手術方法などの進歩により、勃起障害や尿失禁のような後遺症のリスクは減ってきているのが現状です。
しかし、リスクを考慮した上で手術に望むとしても、主治医の腕が大きく影響することも考えなければなりません。
手術を行う医師は、多くの症例をみてきたその治療法に精通した医師にお願いするべきでしょう。
自分にとって一番いいと思われる治療法が見つかったら、その治療法の専門医を探しましょう。

がんの克服方法

前立腺がんの名医【前立腺がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ