咽頭がんの名医【咽頭がんの警告】

咽頭がんにはこんな名医があります

咽頭がんの治療は、放射線治療や抗がん剤治療などが基本的です。
しかし、下咽頭がんの場合や、がんがかなり進行してしまっているような深刻なケースでは、手術による治療を行うことになります。
手術による治療は、体への負担も大きくなり、手術のしかたによって術後の経過も大きく異なってくることになります。
そのため、手術を受けなければならない場合は、慎重に主治医を選ぶことが重要です。

がんがかなり進行しており、咽頭を切除しなければならないと診断されても、最近の治療方法ではできるだけ咽頭を残すような治療も多くなってきています。
咽頭をすべて切除してしまうということは、声を失ってしまうことになります。
声を失ってしまうことは、その後の人生での大きな後遺症となってしまいかねません。
生活の質(QOL)を低下させるばかりではなく、心にも大きな傷を残してしまうことになるかもしれません。
そういう事態をできるだけ避けるためにも、説明を受けた手術方法に納得がいかない場合は、セカンドオピニオンを聞きましょう。
何人かの違う医師の治療方針を聞くうちに、咽頭を残した手術をしてくれるという医師にめぐりあえるかもしれません。
その場合には、術後に行う放射線治療や抗がん剤治療のことについても、副作用等についてしっかりと話を聞くことが大切です。

手術は行わずに、放射線療法や抗がん剤投与だけで治療を行っていく場合でも、病院や医師は慎重に選択しなければなりません。
特に抗がん剤の後遺症がひどいとされる咽頭がんでは、数多くの事例を見ていて、経験の豊富な医師を探しましょう。

がんの克服方法

咽頭がんの名医【咽頭がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ