膵臓がんの手術方法【膵臓がんの警告】

膵臓がんにはこんな手術方法があります

膵臓がんの手術方法にはいくつかあります。
どの手術方法を行うかは、がんの種類や進行度によっても異なってくるため、手術の前に医師とじっくり相談してから治療をはじめましょう。

膵臓がんの中でも最も多い膵頭部がんの場合は、通常は、膵頭十二指腸切除術が行われます。
膵頭十二指腸切除術は、膵臓の頭部、十二指腸の全部、胃の一部、胆のうと胆管とを取り除く手術です。
がんがあまり進行していない場合は、胃はそのまま温存されます。
膵臓が十分に残るため、膵液の分泌、インスリンなどのホルモンの分泌も正常に行われます。

膵体部や膵尾部にできた膵臓がんの手術には、尾側膵切除術が行われます。
がん細胞を含む膵臓の膵体部や膵尾部の切除のほか、脾臓を切除します。
膵臓の膵頭部はそのまま残すため、膵液は正常に流れます。

がん細胞が膵臓全体に広がっている場合は、膵臓の全摘出手術を行います。
この手術では、膵臓のほかに、周囲の胃や腸の一部、胆のう、脾臓、リンパ節もすべて切除しなければなりません。

また、膵臓をすべて摘出したことにより、消化酵素やインスリンなどのホルモンもまったく分泌されなくなります。
そのため、手術後は、生涯にわたりインスリンの注射や消化酵素薬の服用が必要になります。

がんの克服方法

膵臓がんの手術方法【膵臓がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ