膵臓がんの治療方法【膵臓がんの警告】

膵臓がんにはこんな治療方法があります

膵臓がんの治療方法には、手術療法、化学療法、放射線療法の3つがあります。
がんの進行具合、またがんの種類などによっても治療方法は異なってきます。
主治医としっかりと話し合って、治療方法を決めていきましょう。

手術療法は、手術により、膵臓にできたがん細胞を切除する方法です。
膵臓がんの手術は大変難しい大手術となり、合併症を引き起こすこともあり、また術後の死亡率も高くなっています。
そのため、手術を行う際には、しっかりと話し合ってから決めることが大切です。

手術後は、化学療法や放射線療法を行っていくことになります。
このように膵臓がんの場合、いくつかの治療方法を組み合わせて治療を行っていきます。

膵臓がんの治療で行う化学療法は、ジェムザールという点滴薬を使うのが一般的です。
もちろん、副作用もあり、その度合いは患者によっても異なってきます。
化学療法は、通常は通院によって行っていきます。

放射線療法は、がん細胞に放射線を照射することで、がん細胞を死滅させようとする療法です。
手術ですべて切除することができたとしても、再発予防の意味でも放射線療法は行われます。
手術中に同時に行われる場合もあります。
膵臓がんの場合の放射線療法は、膵臓のまわりの臓器に影響を与えないようにしなければならないため、特に注意が必要です。
また、副作用も考えられます。

いずれにしても、主治医と相談しながら、患者の状態に応じて治療を行っていくことが大切です。

がんの克服方法

膵臓がんの治療方法【膵臓がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ