膵臓がんの予防方法【膵臓がんの警告】

膵臓がんにはこんな予防方法があります

膵臓は、体の真ん中あたりの、胃の後ろにあり、長さ約20センチ程度の細長い臓器です。
膵臓は多くのほかの臓器に囲まれているため、検査によって発見することがとても難しくなります。
そのため、発見が遅れてしまうケースが多く見られます。
そうならないためにも、できるだけ膵臓がんの専門の検査ができる病院を見つけ、定期的に検査を受けるようにしましょう。
早期に発見できれば、その後の治療も軽くてすみます。

検査を受けるほかには、膵臓がんの予防方法としては、生活習慣の改善をすることが大切です。
不規則な生活を送っていた人は、これまでの生活を改め、規則正しい生活に切り替えましょう。
不規則な生活習慣の中には、膵臓がんにかかってしまう危険因子がたくさん潜んでいます。

食生活はもっとも大切です。
膵臓がんにかかってしまう要因の大きなものに、肉類中心で、野菜不足の食事習慣があげられます。
動物性脂肪、動物性たんぱく質ばかりを摂っていてはいけません。

また、アルコールの飲みすぎ、コーヒーなどの刺激物の飲みすぎもひかえましょう。
タバコを吸っていた人は禁煙をしなければなりません。
適度な運動をして、ストレスを溜めない生活を送るように努力することも非常に大切です。
これらのことは、すべてのがんの予防に対しても言える事です。

また、特に膵臓がんの予防として大切なことは、糖尿病などの病気にかからないことです。
糖尿病は、膵臓がんのとても危険な要因となってしまいます。
糖尿病も生活習慣が原因で起こる病気です。
生活習慣を改善できれば、膵臓がんだけでなく、糖尿病の予防にもなります。

がんの克服方法

膵臓がんの予防方法【膵臓がんの警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ