膵臓がんの原因【膵臓がんの警告】

膵臓がんにはこんな原因があります

膵臓がんにかかる人は、年々増加の傾向がありますが、その発症のはっきりとした原因はまだわかっていません。

しかし、膵臓がんの増加が、食文化の欧米化にあるともいわれています。
これは、膵臓がんの患者には、実際に、肉類中心の高脂質、高たんぱく、高カロリーの食事を多く摂取していた人がとても多いという事実からも、食生活を含めた生活習慣が要因のひとつだと考えられます。

そのほかには、喫煙や飲酒、コーヒーの飲みすぎもあげられます。
過度なストレスを感じたり、溜め込んだりするのも危険な要因に考えれます。
ストレスを過剰に感じる続けることで、免疫力も低下し、がんを発症しやすい体になります。
また、夜更かしや寝不足などの習慣もよくありません。
これらの生活習慣の乱れによるものは、膵臓がんにかかわらず、他の病気の危険因子でもあります。

また、膵臓がんにかかりやすい要因のひとつに考えられるのが、他の病気を持っているということがあげられます。
たとえば、もっとも危険なのが、糖尿病です。
糖尿病の人は、そうではない人にくらべて、何十倍から何百倍も、膵臓がんにかかりやすくなるといわれています。
そのほかの病気では、慢性肝炎があります。
また、胃の病気で、手術で胃を切除したことのある人も、膵臓がんにかかるリスクが高くなると思われます。

がんの克服方法

膵臓がんの原因【膵臓がんの警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ