卵巣がんの予防方法【卵巣がんの警告】

卵巣がんにはこんな予防方法があります

卵巣がんにかかる人は年々増加傾向にあります。
日本では、現在年間6000人から8000人の人が卵巣がんにかかっているといわれます。
これには、食生活の変化が大きく影響していることが考えられます。
卵巣がんの予防法としては、やはり食生活などの生活習慣に気をつけることが一番大切でしょう。
肉類や脂肪分が中心の高カロリー、高脂質の食生活を送っている人は要注意です。
このような欧米型の食生活が卵巣がんの発症リスクを高めるとされています。
できるだけ低カロリーのものを選び、野菜やビタミンを多く摂取するようにし、ヘルシーな食事中心に変えましょう。
また、甘いものを好んで過剰に摂取する人も、糖分はできるだけ控えるようにしましょう。
アルコールの過剰摂取も避けなければなりません。

喫煙を習慣としている人も、できるだけ控えましょう。
喫煙は卵巣がんだけではなく、そのほかの多くのがんの要因ともなります。

また、糖尿病や高血圧になると、卵巣がんの発症率がなるとされています。
これらの病気にかからないようにすることが、卵巣がんを予防することにもつながります。

年に1度は定期検査を受けることをおすすめします。
卵巣がんは早期の段階では自覚症状がほとんどないため、早期に発見するのが難しいとされています。
血液検査や超音波検査を受けることでがんを発見することができれば、早期発見、早期治療を行うことができます。
卵巣がんは早期には自覚症状がほとんどないので、ハイリスクグループにいる場合は、年に一度は医療機関で血液検査や超音波検査検査を受けることが大切です。

がんの克服方法

卵巣がんの予防方法【卵巣がんの警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ