鼻腔がん・副鼻腔がんの予防方法【鼻腔がん・副鼻腔がんの警告】

鼻腔がん・副鼻腔がんにはこんな予防方法があります

副鼻腔がんは、耳鼻咽頭科のがんとしては、咽頭がんに次いで多くみられるがんです。
鼻腔がん・副鼻腔がんを発症する大きな要因として、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)にかかっていることがあげられます。
蓄膿症は、副鼻腔内に膿がたまっている状態のことをいいます。
慢性の副鼻腔炎(蓄膿症)を発症しないようにすることが、鼻腔がん・副鼻腔がんの発症の予防方法といえます。
副鼻腔炎にかかる原因として考えられることは、風邪などによるウイルス感染、細菌感染、あるいはアレルギーなどがあります。
急性の副鼻腔炎を何度も繰り返していると、慢性の副鼻腔炎になってしまいます。
慢性の副鼻腔炎の人は、耳鼻科で診断してもらい、自分の症状に合った薬を処方してもらいましょう。
たとえばアレルギーが原因の場合、抗アレルギー剤を内服することで症状を抑えることもできます。

ウイルスに感染しないためにも、風邪を引かないような体質を作ることが大切です。
普段から栄養のバランスには気をつけ、免疫力を高めるようにしておきましょう。

副鼻腔炎を発症するかどうかは、その人の体質とも関係しています。
また、両親のどちらかが副鼻腔炎にかかりやすい体質の場合、こどももかかりやすくなるといわれます。
もともとの鼻の形も関係しているといわれます。

鼻腔がん・副鼻腔がんの症状は副鼻腔炎の症状と似ています。
慢性の副鼻腔炎の人は、できれば一度、耳鼻咽喉科などで詳しく検査してもらったほうがいいでしょう。
鼻腔がん・副鼻腔がんと疑われるような症状が少しでも続くようであれば、軽く見ずに、すぐにでも病院で検査をしてもらいましょう。

がんの克服方法

鼻腔がん・副鼻腔がんの予防方法【鼻腔がん・副鼻腔がんの警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ