骨髄腫の原因【骨髄腫の警告】

骨髄腫にはこんな原因があります

骨髄腫を発症するはっきりとした原因はわかっていません。
しかし、要因となることはいくつか考えられています。

骨髄腫の発症率は、年齢別で見ると40歳以降の人に多く発症がみられ、60歳~70歳がピークです。
反対に40歳以下の人にはほとんど発症がみられないというデータがあります。
骨髄腫は高齢化するほど発症率が高くなるということがいえます。
そのため、加齢が骨髄腫の発症リスクを高める要因のひとつであることがいえます。
近年は高齢化により、骨髄腫を発症する人が増える傾向にあります。
年齢別で見ると、女性よりも男性の発症者が多くみられます。

骨髄腫を発症する要因は、年齢のほかにも、環境的な要因、また遺伝的要因も考えられます。
家族や血縁関係にある親戚の中に骨髄腫を発症した人がいる人は、そうではない人と比べると発症リスクが高くなります。
放射線を被爆することが、骨髄腫の発症要因となることがあります。
過去に何かの病気で放射線治療をおこなったことがある人は注意が必要です。
また、ベンゼンなどの化学薬品などの影響、ダイオキシンなどの影響も発症リスクとして考えられています。

また、骨髄腫を発症するのは、染色体の異常によるものだということが考えられています。
実際に、骨髄腫細胞を調べてみると、さまざまな遺伝子異常が発見されています。

がんの克服方法

骨髄腫の原因【骨髄腫の警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ