口唇がんの名医【口唇がんの警告】

口唇がんにはこんな名医があります

口唇がんの治療は、治療により顔面にダメージが残る後遺症が考えられるため、主治医選びは重要といえます。
がんがある程度大きな場合には、どうしても手術により腫瘍を切除する必要があります。
唇の腫瘍を切除することによって、唇の形が大きく変化し、顔の印象が大きく異なってしまうことになります。

特に女性によっては、顔面が大きく変化することは非常に精神的なダメージとなってしまいます。
これらの後遺症を避けるためにも、手術による治療を拒む患者も中にはいます。
どうしても切除手術を行わずに治療を行いたいと希望する人は、その旨を主治医に相談してみましょう。
がんが小さい場合は手術を行わずに、放射線治療のみで治すことも可能です。
また、手術を行わずにレーザーを腫瘍に照射することで腫瘍を死滅させるレーザー療法という選択肢も考えられます。

主治医は患者の気持ちを最大限に考慮して、患者と話し合ってから治療方法を決めていかなければなりません。
どうしても手術により切除をしなければならない場合は、その理由をはっきりと患者に説明し、患者が完全に納得をした上で治療をおこなっていかなければなりません。

患者は、顔の損傷を最小限に抑えるように治療をおこなっていけるように、主治医とじっくり相談してから決めていくようにしましょう。
今は再建術や形成手術の技術もとても進歩してきています。
患者の希望通り、形をできるだけ元どおりに復元することも可能になります。

手術によりどのくらいの損傷があらわれるのか、そしてそれはどの程度まで元通りに復元することが可能なのか、治療をおこなう前に主治医としっかりと納得のいくまで話し合っておかなければなりません。
どうしても治療の方針に納得がいかない場合は、必ずセカンドオピニオンを聞いたり、より技術と実績のある専門医を探したりなどして、患者の納得がいく方法で治療をおこなうことが大切です。

がんの克服方法

口唇がんの名医【口唇がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ