口唇がんの予防方法【口唇がんの警告】

口唇がんにはこんな予防方法があります

口唇がんは唇の外側にできるため、ほかのがんに比べて見た目で目立ち、発見しやすくなります。
そのため、早期に発見し、早期に治療することが比較的容易な病気です。

口唇がんの発症リスクを高める要因には紫外線があげられます。
そのためできるだけ唇に紫外線をあてないようにすることが、口唇がんの予防となります。
紫外線の強い日に外に出るときは、リップクリームを塗るなどの対策をしましょう。
帽子をかぶったり、日傘を差したりして、肌には日焼け止めを塗るといったような対策を行い、できるだけ紫外線を浴びないようにすることが大切です。
これらの紫外線対策は、口唇がんに限ったことではなく、すべての皮膚がんの対策にもつながります。

口唇がんに限らず、すべての口腔がんの発症リスクを高めているものは、喫煙と飲酒です。
口唇がんを予防するためには、できるだけタバコやアルコールなどを控えることが大切です。

口唇がんは症状があわれやすく、発見しやすいがんです。
もしも唇に異常を感じたら、放っておかないですぐにでも病院で診てもらうことが必要です。
早期の段階で発見することができても、そのまま放っておいたらどんどん進行が進んでしまいます。
なにか少しでも症状を感じたら、すぐに病院で検査をしてもらうことが何よりも予防となります。

がんの克服方法

口唇がんの予防方法【口唇がんの警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ