乳がんの名医【乳がんの警告】

乳がんにはこんな名医があります

乳がんの治療方法は、ここ数年の間に大きく変化してきています。
同じ病状の場合でも、病院や医師によっても、その治療方法はさまざまに異なってきます。
そのため、主治医選びは大変重要になってきます。

たまたま最初に担当した医師が信頼できるいい医師だったという場合はいいですが、そうではない場合は、いくつかの病院をまわり、セカンドオピニオンを聞いたりしながら、自分がもっとも信頼のおける医師を探さなければなりません。
乳がんの場合は、専門の病院のほか、一般病院の乳腺外科になります。

乳房を温存したい場合は、その旨を医師に相談し、乳房温存術での治療をすすめていくことになります。
しかし、ただ温存すればそれでいいというわけではありません。
乳房を温存するために、無理な部分切除を行い、乳房の形が大きく変形してしまったり、小さく切除したために、そのほかの部分への転移がたくさん残った、などということがあっては決していけません。

乳がんの場合、多くの手術を経験している医師や病院が、必ずしもいい病院、名医とはいえません。
上記に示したように、手術の質が悪くても、手術の回数としてカウントされてしまうからです。
手術後の生存率がどうかということは、病院や医師選びをする際に大きな目安となります。
手術の量をこなしているということよりも、患者ひとりひとりの状況をしっかりと把握し、じっくりと話しあいながら、その患者にとってもっともいい方法で治療をしていくことができる医師を選ばなくてはなりません。

さらに乳がんの場合は、その患者の年齢や生活スタイル、さらには価値観といったことまでが大きく関係してきます。
たとえば、乳房を全部切除した場合、手術後の乳房再建術についても、患者にしっかりとした説明ができ、対応できる医師でなければなりません。

がんの克服方法

乳がんの名医【乳がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ