中皮腫の名医【中皮腫の警告】

中皮腫にはこんな名医があります

胸膜中皮腫の手術である胸膜肺全摘術は非常に難易度が高く、術中、術後の危険度も高い手術です。
しかも日本においては、中皮腫は非常に症例が少ないこともあり、その治療法はまだ確立されていないのが現状です。
このような難易度の高い手術を行うことのできる医療機関も当然限られてきます。
2002年から2006年の5年間に日本で実施されたこの手術は、わずかに171例しか報告されていません。

もし手術による治療を希望するのなら、手術をしてくれる病院と専門医を探さなければなりません。
医療機関を選ぶときには、手術例の多さだけで選ぶのは危険です。
手術は多く手がけていても、実際には進行がかなり進んだ病期で手術を行い、結果的に患者の命を縮めることになった例もあります。
患者が手術を望むからといっても、病気の進行度や患者の体力等を考慮し、その患者にとって最もふさわしい治療方法を一緒に考えていくことができるところを探さなくてはなりません。

また、胸膜肺全摘手術の手術は呼吸器外科専門医だけでは行うことができません。
麻酔科、集中治療科、リハビリテーション科、感染制御科など複数の科の協力の下に成立する難関手術です。
当然のことですが、これらの手術に対応できるのは大病院クラスとなるでしょう。

一方、中皮腫の患者は高齢の方が多く、手術や抗がん剤治療、放射線治療などの治療は行わないという人もいるでしょう。
そのような患者に対しては、免疫療法や緩和療法で治療を行っていくことになります。
緩和療法などでは、病気の完治が目的ではなく、治療を行うことで患者の体の負担を軽減し、生活の質を維持していこうとするものです。
すべての患者に対してもいえることですが、特に緩和療法を行う患者に対しては、身体のケアと同じくらいに心のケアも大事です。
このような患者にとっては、ただ病気を治そうとする技術的に優れた医師ではなく、病気に対する患者の心の悩みを親身になって聞き、相談にのってくれる心のケアもできる医師を探すことが必要です。

がんの克服方法

中皮腫の名医【中皮腫の警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ