中皮腫の予防方法【中皮腫の警告】

中皮腫にはこんな予防方法があります

日本でアスベストが最も盛んに輸入されていたのは70年代半ばであるといいます。
アスベストを曝露してから発症するまでの潜伏期間は約30年から40年くらいだといわれています。
ということは、今後、アスベストが原因で中皮腫を発症する人が増えてくる可能性が高いといえます。

現在、日本においては、アスベストの種類の中のクロシドライト(青石綿)とアモサイト(茶石綿)は製造中止になっています。
そして、現在日本で使用されているのは、他の種類にくらべる中皮腫を発症しにくいといわれているクリソタイル(白石綿)のみとなっています。

すでにアスベストを曝露した人が中皮種を発症するのを予防する方法は、現在のところ明らかではありません。
もちろん、アスベストを曝露した人のすべてが中皮種を発症するというわけではありません。
しかし、もしアスベストを曝露したと心あたりのある人は、一度病院で検査をしてもらうのがよいでしょう。
万が一中皮種を発症している場合でも、早期発見、早期治療に越したことはありません。

アスベスト曝露と喫煙が重なると肺がんを発症するリスクが非常に高くなるというデータがあります。
その確率は、喫煙しない人にくらべ約50倍にもなるといわれます。
そのことから、喫煙が大きな危険因子となることがわかります。
肺がんを発症しないためには禁煙をしたほうがよいでしょう。

アスベストを扱う仕事に携わる人の家族は注意しなければなりません。
アスベストを含む粉塵作業をする人が、その作業着を家に持って帰り、その作業着についたアスベストの粉塵を家族が吸い込むことにより中皮腫を発症するというケースもみられます。

がんの克服方法

中皮腫の予防方法【中皮腫の警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ