メラノーマの原因【メラノーマの警告】

メラノーマにはこんな原因があります

皮膚がんは3つの種類に分けることができます。
3つの皮膚がんの中で発生率は最も低いにもかかわらず、最も悪性度が高く、進行の早い皮膚がんがメラノーマです。
皮膚がんで亡くなる患者のうち、メラノーマで亡くなる方が約80%だといわれています。

メラノーマは、色素細胞といわれる、皮膚の中にあるメラニン色素を生成するメラノサイトという細胞ががん化したものです。

メラノーマのタイプの中でも、表在拡大型や悪性黒子型は紫外線との関係が非常に強く、紫外線が原因で発症すると考えられています。
紫外線が原因でメラノーマを発症するケースは特に欧米人に多く見られます。
これは、白色人種は皮膚の色素が少ないことが原因だと考えられています。
しかし、最近では、日本人でもこれらのタイプのメラノーマを発症するケースが増えてきました。

一方、日本人に多く見られ、足の裏や手のひら、爪などに発生する末端黒子型は、長年の外的刺激が原因ではないかと言われています。
特に足の裏に発症するケースが多く見られます。
また、過去に受けた外傷の部位ややけどの跡にもがんが発生しやすいといわれています。

メラノーマを発症する要因リスクとして、遺伝もあげられます。
家族や血縁関係のある親戚にメラノーマを発症した人がいる人は、それだけ発症のリスクも高くなると思われます。

がんの克服方法

メラノーマの原因【メラノーマの警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ