リンパ腫の克服方法【リンパ腫の警告】

リンパ腫にはこんな克服方法があります

悪性リンパ腫の予後の生存率は種類によっても変わってきますが、ホジキンリンパ腫の場合、早期発見できた場合の5年後生存率は約90%にもおよびます。
一方、非ホジキンリンパ腫の場合は、ホジキンリンパ腫よりは低くなりますが、早期発見できた場合は、5年後生存率は約70~90%になります。
進行が進むにつれ、生存率は下がっていきますが、悪性リンパ腫の場合、比較的予後は良好だと言われています。

悪性リンパ腫は、他の悪性腫瘍と同様に、再発の可能性があります。
悪性リンパ腫が再発する場合、以前と同じ箇所に腫瘍が再びできる可能性が高くなります。
普段から、以前腫瘍があった部分をチェックし、再発していないかを定期的にチェックするとよいでしょう。
万が一再発した場合、すぐに発見することにつながります。

悪性リンパ腫は、治療により腫瘍が検出されなくなったことで完全寛解したと判断されます。
しかし、他の固形がんのように腫瘍部分を切除したわけではありません。
そのため、いつ再発する危険があるかわかりません。
再発を予防し、もし再発した場合はすぐに治療ができるように、定期的に専門医の診断を受ける必要があります。

また、普段から規則正しい生活を心がけ、生活習慣には気を配りましょう。
食事は栄養のバランスを考え、過剰なカロリー摂取は避けることが大切です。
また、喫煙、飲酒、塩分の摂りすぎなども注意が必要です。
適度な運動を行い、いつも健康でいることが、再発を予防し、病気を克服するためには大切なことです。

がんの克服方法

リンパ腫の克服方法【リンパ腫の警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
手術方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ