肺がんの原因【肺がんの警告】

肺がんにはこんな原因があります

肺がんの最大の原因は喫煙によるもので、肺がんの原因の80%にあたると言われています。

喫煙は肺がんにかかわらずあらゆる種類のがんの原因となりますが、特に肺がんはたばこの喫煙による原因の頻度が高くなっています。

たばこには200種類以上もの発がん性物質が含まれています。
喫煙者は、喫煙しない人に比べて、5~20倍も肺がんにかかりやすいといわれています。

また喫煙が原因で肺がんにかかったとされる割合は、男性では約70%、女性では約15~25%と言われています。

喫煙はしないが、一緒に生活をする身近な家族の中に喫煙者がいる場合、長年の生活の間に影響を受けて肺がんにかかってしまうこともあります。

また肺がんの原因には遺伝によるものもあります。家族や血縁関係にある親戚などに肺がんにかかったことがある人がいる場合は、肺がんにかかるリスクも高くなります。

さらに、肺がんの発症は地域汚染が原因となる場合があります。

大気汚染のひどい地域に住んでいる人はそうでない地域に住む人に比べて肺がんにかかるリスクも高くなるといえます。

社会問題にもなったアスベストは発がん性のある物質で、呼吸により気管支に入ったその繊維が肺にまで達してしまうという性質があるため、肺がんになってしまうとされています。

【PR】
不用品の回収のことなら岡山片付け110番

がんの克服方法

肺がんの原因【肺がんの警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ