脂肪肉腫の治療方法【脂肪肉腫の警告】

脂肪肉腫にはこんな治療方法があります

脂肪肉腫の治療は、通常は手術により治療を行っていきます。
治療方法は、脂肪肉腫の種類によっても異なってきます。

早期の場合や比較的悪性度の低い種類の腫瘍の場合は、手術による治療がもっとも有効的です。
手術により治癒できる確率も非常に高くなっています。
しかし、悪性度の高い種類などについては、手術とあわせて、補助治療として放射線療法や化学療法などを行っていかなければなりません。
また、腫瘍がかなり大きくなり、手術により切除することが不可能な場合や、他の部分に転移してしまっている場合にも、放射線療法や化学療法などを組み合わせて治療を行います。

脂肪肉腫の場合、種類によって、放射線感受性が高いものとそうではないものとがあります。
そのため、放射線による治療は、腫瘍の種類に応じて行うか行わないかを決める必要があります。
脂肪肉腫の中でも分化型は、放射線療法は通常行いません。
一方、粘液型の場合は、放射線感受性が高いため、放射線治療は手術の補助療法として有効です。
また、悪性度の高い種類の場合は、手術の前に放射線照射を行い、腫瘍をある程度まで小さくしてから手術を行うことが多いようです。

抗がん剤投与による化学療法も、場合に応じて手術や放射線療法と組み合わせて行います。
放射線療法と同様に、悪性度の高いタイプの場合は、手術前に抗がん剤投与を行い、腫瘍を小さくしてから手術を行います。
すでに腫瘍が他の部分にまで転移してしまい、手術や放射線治療が難しい場合にも、抗がん剤による治療が行われます。

がんの克服方法

脂肪肉腫の治療方法【脂肪肉腫の警告】関連ページ

原因
予防方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ