脂肪肉腫の予防方法【脂肪肉腫の警告】

脂肪肉腫にはこんな予防方法があります

脂肪肉腫を発症する原因は遺伝子の異常によるものであるといわれていますが、解明に向けいまだ研究段階です。
このように、はっきりとした原因がわからないため、脂肪肉腫を予防をすることは難しくなります。

予防をすることが難しいため、もし脂肪肉腫を発症したときは、できる限り早期の段階で発見し、治療を行うことが重要です。
もし、体の筋肉や皮下にしこりや腫れのようなものを発見したら、まずは病院を受診して検査してもらうことをおすすめします。
病院を受診しても、触診だけでは、それが悪性腫瘍なのか、良性腫瘍なのかの判断はとても難しいといいます。
できれば精密検査をしてもらい、腫瘍が良性なのか悪性なのかをはっきりと診断してもらうことが大切です。

脂肪肉腫は、筋肉や脂肪組織にできる軟部腫瘍のひとつで、悪性腫瘍です。
脂肪肉腫を発症する割合は非常に少なく、10万人に1~3人程度です。
また、年齢性別で見ると、中年以降の男性に多く発症が見られます。

脂肪肉腫ができやすい部位は、大腿部の筋肉、手足、臀部(でんぶ)、後腹膜などです。
特に、太もものなどの厚い筋肉に腫瘍ができた場合は、腫瘍が大きくなるまでなかなか気づかない場合も多いようです。
できるだけ早めに発見するためにも、普段から自分の体の状態をチェックする習慣をつけることが大切です。

脂肪肉腫の種類によっては、肺などに転移しやすいものもあります。
そのため、早い段階での発見と治療が非常に重要になります。
小さなしこりや腫れなど、少しでも異変に気づいたらすぐに病院を受診するようにしましょう。

がんの克服方法

脂肪肉腫の予防方法【脂肪肉腫の警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ