脂肪肉腫の症状【脂肪肉腫の警告】

脂肪肉腫にはこんな症状があります

脂肪肉腫は痛みの症状がまったくないのが特徴です。
そのため、腫瘍が大きくなるまでそのまま放置しておく人が多くみられます。

腫瘍が大きくなってくると、筋肉や皮下にしこりや腫れを感じるようになります。
しこりや腫れは、最初は数ミリ程度の小さなものですが、大きくなると数十センチにもなります。
このときにも、痛みはまったく感じないといわれています。
しかし、腫瘍があまりにも大きくなりすぎると、神経を圧迫し、痛みを感じることがあるともいわれます。

腫瘍が発生する部位で最も多いのは、大腿部の筋肉です。
その外の腫瘍の部位は、手足、臀部(でんぶ)、後腹膜などがあげられます。
また、大腿部と臀部の両方に腫瘍ができるケースもあります。

脂肪肉腫には4つのタイプがあります。
分化型、粘液型、円形細胞型、多形型の4つのタイプです。
このうち、分化型と粘液型は比較的ゆっくりと進行していきます。
予後も良好で、生存率は約75%になります。
一方、円形細胞型と多形型は進行が早く、生存率も20%くらいと低い確率になります。
これらの型は腫瘍が急激に大きくなってしまう場合も見られます。

脂肪肉腫は進行すると、主に肺に転移しやすくなります。
脂肪肉腫の中でも粘液型の脂肪肉腫の中には、肺以外にも、肝臓、骨、脊椎など他の部分にも転移する症例があります。

受診して触診を受けても、腫瘍の外観や触診だけでは、どのタイプの脂肪肉腫かを判断することは難しくなります。
また、触診だけでは、良性腫瘍との区別も困難な場合もあります。
そのため、MRIなどで精密検査して診断してもらう必要があります。

がんの克服方法

脂肪肉腫の症状【脂肪肉腫の警告】記事一覧

脂肪肉腫の原因【脂肪肉腫の警告】

一般にいう「がん」には、「癌」と「肉腫」の2種類があります。「癌」とは、内臓、消化管、呼吸器、体表などの内面にできる上皮性の悪性腫瘍のことです。一方「肉腫」とは、骨、軟骨、血管、筋肉など、上皮以外の組織にできる悪性腫瘍です。脂肪肉腫は、脂肪や筋肉にできる悪性腫瘍で、軟部肉腫の中では最も多い病気です。...

≫続きを読む

脂肪肉腫の予防方法【脂肪肉腫の警告】

脂肪肉腫を発症する原因は遺伝子の異常によるものであるといわれていますが、解明に向けいまだ研究段階です。このように、はっきりとした原因がわからないため、脂肪肉腫を予防をすることは難しくなります。予防をすることが難しいため、もし脂肪肉腫を発症したときは、できる限り早期の段階で発見し、治療を行うことが重要...

≫続きを読む

脂肪肉腫の治療方法【脂肪肉腫の警告】

脂肪肉腫の治療は、通常は手術により治療を行っていきます。治療方法は、脂肪肉腫の種類によっても異なってきます。早期の場合や比較的悪性度の低い種類の腫瘍の場合は、手術による治療がもっとも有効的です。手術により治癒できる確率も非常に高くなっています。しかし、悪性度の高い種類などについては、手術とあわせて、...

≫続きを読む

脂肪肉腫の名医【脂肪肉腫の警告】

脂肪肉腫の場合、非常にまれな病気にもかかわらず、非常に多くの種類があります。それぞれの種類によって、悪性度、進行度も異なり、また患者の年齢や腫瘍の部位などにもよっても治療は異なってきます。脂肪肉腫には、これといった確立された治療法がないのです。脂肪肉腫は患者ひとりひとりの状態や症状をよく把握し、その...

≫続きを読む

脂肪肉腫の手術方法【脂肪肉腫の警告】

脂肪肉腫の手術方法はいくつかの種類があります。通常の脂肪肉腫の手術は、治癒的広範切除術が行われます。これは主要部分とその周辺の正常組織まで含めて広範囲にわたって切除する方法です。広範囲にわたって切除を行うのは、腫瘍の再発をできる限り予防するためです。しかし、広範囲の組織を切除してしまうため、術後は機...

≫続きを読む

脂肪肉腫の克服方法【脂肪肉腫の警告】

脂肪肉腫の場合、早期に発見できたケースや、悪性度の低いタイプの場合は、手術による治療でほぼ治癒できるといわれています。十分に治癒ができた場合の10年後の生存率は約90%にものぼるといわれています。一方で、非常に悪性度の高いタイプのものや、他の部分にまで転移してしまって手術が不可能な場合は、化学療法や...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ