白血病の克服方法【白血病の警告】

白血病にはこんな克服方法があります

白血病の治療が成功し、完全寛解の状態が3年以上続けば、再発の危険はほとんどなくなると言われています。
また、5年たてば、完全に治癒したといえます。

しかし、完全寛解を目指すための抗がん剤治療は、非常に大量の抗がん剤を使って治療を行っていくため、その後遺症は残ることになります。
たとえば、極めて高い確率で、男女ともに不妊の後遺症が残ることがあります。

最近の治療では、これらの後遺症をできる限り減らすような治療を行うことに重点が向けられるようになってきました。
男性の場合は、移植や治療の前に、精子を採取して冷凍保存をしておく、女性の場合も、未受精卵の冷凍保存が可能な時代となってきました。
このように、患者の生殖機能を残すことは、患者の生活の質(QOL)を維持していくことが、白血病を本当の意味で克服できたことということにつながり、これは、患者のその後の生きる希望を失わせないためにも非常に重要なことだと考えられます。

また、化学療法や放射線療法を行うことによる患者への負担を少しでも軽減するために、支持療法という治療法もあります。
これは、たとえば、感染予防をするために内服薬を投与したり、抗がん剤投与による副作用として考えられる貧血などに対応する輸血療法を取り入れたりしていきます。
また、造血を促すホルモン剤を投与するということもあります。
また、副作用の嘔吐などに対しては、制吐剤を投与するなどして、少しでも患者の負担を抑えようとしていきます。

このように、現代の最新の白血病治療では、ただ治療して治すだけではなく、できる限り患者の負担を減らしながら治療をしていこうとする傾向があります。
白血病を一日も早く克服するためにも、積極的にこれらの治療法を取り入れながら、前向きに病気を乗り切っていきましょう。

がんの克服方法

白血病の克服方法【白血病の警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
手術方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ