大腸がんの克服方法【大腸がんの警告】

大腸がんにはこんな克服方法があります

日本における大腸がんの患者数は年々増加傾向にあります。
特に女性の場合、大腸がんによる死亡率は1位になっています。

大腸がんは、早期に発見できた場合、その治癒率は100%に近いといわれています。
そのため、定期的に診断を受けることをおすすめします。

しかし、大腸がんを早期に発見でき、手術で完治したからといっても、再発、転移の可能性はまったくなくなったわけではありません。
大腸がんの再発は、早ければ手術後数ヶ月で発症することもあれば、数年後に再発することもあります。
再発を防ぐためには、手術後5年間は定期的に診断を受ける必要があります。

大腸がんを克服するためには、食事療法が欠かせません。
そもそも大腸がんを発症してしまったのは、不規則な食習慣が原因であったという人が多いはずです。
もしも今まで不規則な食生活を送っていたとしたら、これまでと同じ食生活ではまた同じことの繰り返しになります。

徹底的な食事の改善を行いましょう。
食事は、穀物や野菜、良質なたんぱく質を摂取し、バランスのとれた食生活をしましょう。
アルコールの摂取もひかえなければなりません。
また、がん細胞を阻止するビタミンCを多く摂取し、ほどよい日光浴や、適度な運動を心がけます。

ストレスはできるだけためこまないようにしましょう。
そして、便秘にはならないように気をつけなければなりません。
がん細胞を作らないためには、免疫力を強くすることも大切です。
免疫力を高め、いい生活習慣を続けることが、再発を防ぎ大腸がんを克服する最大の方法になります。

がんの克服方法

大腸がんの克服方法【大腸がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
手術方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ