炎症性乳がんの克服方法【炎症性乳がんの警告】

炎症性乳がんにはこんな克服方法があります

炎症性乳がんの5年後の生存率は約30%であるといわれています。
もちろん、生存率は患者の進行度や状態によっても異なってきます。
炎症性乳がんは進行も速く、他の部位に転移しやすい悪性度が高いがんとされており、生存率も低くなります。
しかし、最近では、抗がん剤の開発などの技術進歩により、治療の成績も年々改善の方向にあります。

最近では、治療が難しいといわれていた炎症性乳がんも、抗がん剤などの薬物の進歩により、治すことが可能になりました。
しかし、乳がんの場合、同じ種類のがんでも、同じような状態であっても、患者によってその薬物の治療効果はまったく異なります。
同じ薬物療法でも、良い効果があらわれる患者もいれば、薬が効かない場合もあるのです。

主治医と相談して決めた治療方針のもと、薬物療法により治療を行なっていく場合には、絶対に治ると信じて前向きに治療に取り組んでいく姿勢が必要です。
抗がん剤治療により、髪が抜けるなどといった副作用もあらわれることがあります。
しかし、治療を成功させるためにもある程度の辛抱は必要かもしれません。

抗がん剤が効果を発揮し、がんを完治させることができてからも、定期的に放射線治療を行なうこともあります。
定期的な検査は必ず受けるようにし、再発を予防していかなければなりません。
炎症性乳がんを完全に克服するためにも、決して最後まであきらめずに乗り切ることが大切です。

がんの克服方法

炎症性乳がんの克服方法【炎症性乳がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
手術方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ