歯肉がんの克服方法【歯肉がんの警告】

歯肉がんにはこんな克服方法があります

歯肉がんの予後の経過は一般的に不良であるといわれています。
これは、歯肉がんは、歯茎のまわりの顎の骨の部分に、早い時期から腫瘍が浸潤しやすいからです。
また、歯肉がんの場合、あごや首のリンパ節などへの転移もよく見られます。
歯肉がんの5年後の生存率は、腫瘍が比較的小さく、転移が見られない場合には約80%になります。
しかし、全体的には、上顎の場合で約33%、下顎の場合は約26%となり、決してよいとはいえない数字となっています。
もちろん、これはがんの進行度や患者によっても異なってきます。
これらからいえることは、早期発見、早期治療がとても大切だということです。

歯肉がんを克服するためには、治療後は生活の質をできるだけ低下させず、維持しながら生活していくことが大切です。
上顎、下顎のどちらにがんができたかによっても治療後の経過は異なってきますが、それぞれに応じた治療を行っていくことになります。
下顎の場合は、咀嚼が不便になることが多いことからも、食事の栄養バランスの面には注意が必要です。
歯科医や栄養士などのアドバイスを受けながら、栄養管理に気を配っていきましょう。

これまで、喫煙や飲酒の習慣のあった人は、これらの習慣を絶つことが大切です。
また、口腔内はいつも清潔に保ち、がんが再発しにくい環境を維持していかなければなりません。
治癒後も定期的に検査を受けるようにして、再発を予防していかなければなりません。

がんの克服方法

歯肉がんの克服方法【歯肉がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
手術方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ