歯肉がんの予防方法【歯肉がんの警告】

歯肉がんにはこんな予防方法があります

歯肉がんの発症は、生活習慣など環境的な要因と深く関係があるといわれています。
特に喫煙、過度の飲酒は、歯肉がんを発症するリスクを大きくする要因です。
ヘビースモーカーで常にアルコールを多く摂取する習慣のある人は、特に発症リスクが高くなると思われます。
喫煙や飲酒はできるだけ控えるようにしましょう。

歯肉炎や歯周病などの感染病にかかることも歯肉がんを発症させやすくします。
これらの病気にかからないように、普段から予防をしていくことが大切です。
歯肉炎は歯周病の初期の段階です。
歯肉炎は痛みもなく、症状があらわれにくいのでなかなか気づきにくい病気ですが、放っておくとさらに歯周炎になり深刻な状態になってしまいます。
歯肉炎は何度も繰り返してしまうこともあり、やがて歯肉がんへと発展するリスクもあります。
歯肉炎にかかる原因はいくつかありますが、最も多いのが歯垢が原因の歯肉炎です。
また、妊娠中の女性などがかかりやすい妊娠性歯肉炎というものもあります。
歯肉炎を予防するには、なんといっても口腔内をいつも清潔に保っておくことです。
日頃から歯磨きは必ず行い、歯肉のマッサージも行なうと良いでしょう。

歯肉炎など、少しでも歯茎に異常を感じたら、軽く見ずに、必ず病院で診断を受けるようにしましょう。

がんの克服方法

歯肉がんの予防方法【歯肉がんの警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ