神経膠腫の治療方法【神経膠腫の警告】

神経膠腫にはこんな治療方法があります

神経膠腫の治療方法は、手術、放射線療法、化学療法の3つが主な治療方法です。
これら以外の治療法としては、免疫療法、温熱療法、遺伝子治療などがあります。
神経膠腫などの脳腫瘍の治療を行う場合、基本的には手術により腫瘍を切除することが必要です。

神経膠腫の診断はX線を利用したCT検査やMRIといった画像診断で脳の断層画像を撮影し診断します。
しかし、これらの画像検査だけでは、確実に診断することは難しくなります。
そのため、手術による外科治療を行う目的の中に、病理組織診断も含まれます。
手術により実際に採取した細胞の組織を顕微鏡で検査することによって、はじめて正確な診断が下されるのです。

この診断を元に、手術により腫瘍を摘出した後、どんな治療方法を行なっていくかを判断します。
一般的に、神経膠腫の手術後の補助療法には、放射線療法と化学療法とが行なわれます。
放射線治療により、神経膠腫の生存率は高くなることがデータからも明らかになっていますが、同時に放射線治療を行うことでの後遺症として脳障害があらわれることも問題となっています。
かつては脳全体に放射線を照射する治療を行っていましたが、最近では、後遺症などを少なくする目的からも、腫瘍の部分だけに限定して放射線を照射する傾向があります。

抗がん剤による化学療法は、それだけで行なわれることはありません。
通常は、放射線治療と併用して行われます。
最近では経口の抗がん剤が開発され、使われるようになってきています。

がんの克服方法

神経膠腫の治療方法【神経膠腫の警告】関連ページ

原因
予防方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ