十二指腸がんの名医【十二指腸がんの警告】

十二指腸がんにはこんな名医があります

十二指腸がんは症例の少ない病気のため、現在のところその標準的な治療法はまだ確立されていません。
そのため、病院や医師によって、治療法もまったく異なってくることも考えられます。
内視鏡治療の方法、外科手術の方法、リンパ節切除をする場合、どこまでリンパ節を郭清するか、といったことも今の段階でははっきりと確立されていません。
また、十二指腸がんの抗がん剤などの化学治療法は、病院によって、症例の多い胃がんに準じる病院もあれば、同じく症例の多い大腸がんに準じる病院もあるようです。
そのため、十二指腸がんの治療を行う医師や病院は慎重に選択しなければなりません。

また、十二指腸がんの診断は、良性のポリープや腫瘍と間違われて診断されることもあります。
十二指腸がんの場合、そのほとんどがポリープ状の隆起を作っています。
そのため、良性の十二指腸ポリープと区別することが難しくなるのです。
良性の場合と悪性のがんとの場合では、当然対処方法も異なってくるため、せっかく早期の段階でがんを発見できたとしても、的確な治療ができなくなってしまうのです。

そういうことを避けるためにも、診断の段階で、良性か悪性かを正確に診断してもらわなければなりません。
ひとつの病院や医師の診断だけではなく、複数の病院で診断してもらうのもいいでしょう。
セカンドオピニオンを聞くのもいい方法です。
間違った診断をされたり、的確な治療方法で治療してもらえなかったために、その後の人生を後悔しないためにも、病院や医師選びは慎重に行う必要があります。

がんの克服方法

十二指腸がんの名医【十二指腸がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ