十二指腸がんの予防方法【十二指腸がんの警告】

十二指腸がんにはこんな予防方法があります

十二指腸がんになる原因の項目で述べたように、十二指腸ポリープが悪性化して十二指腸がんになるというケースがあります。
ポリープをそのままにしていたらいつもまにか大きくなり、気づいたらがんになっていた、ということがくれぐれもないようにしなければなりません。
すべてのポリープががんに変わるわけではありませんが、がん予防のためにも、大きくなってしまったポリープは、できるだけ早めに手術で切除した方がいいでしょう。

また、ポリープからがんを発症しないためにも、十二指腸にポリープを作ってしまうそもそもの原因を知ることが必要です。
そして、ポリープにかからないようにしなければなりません。

ポリープができてしまう原因として考えられるのは、偏った食生活やストレスがあげられます。
暴飲暴食は避け、栄養のバランスのとれた食事を心がけましょう。
香辛料を多く使った刺激のある食べ物、熱すぎるもの、逆に冷たすぎるものなどは控えましょう。
また、タバコやアルコールもできるだけ避けましょう。
胃や腸の消化をよくするために、食べ物は良く噛んでから食べましょう。

また、ストレスは胃や腸にとって非常に悪影響を及ぼす可能性があります。
精神的なストレスが原因で、胃や腸の病気にかかってしまうことはよくあります。
できるだけストレスのない生活を送るようにし、リラックスできる環境を作りましょう。

ポリープは個人によって、できやすい人とできにくい人があるといいます。
ポリープができやすい人は特に要注意です。
できやすいできにくいにかかわらず、定期的に専門医の検診を受けるようにするとよいでしょう。

がんの克服方法

十二指腸がんの予防方法【十二指腸がんの警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ