十二指腸がんの症状【十二指腸がんの警告】

十二指腸がんにはこんな症状があります

小腸は3つの部分に分けられ、それぞれ十二指腸、空腸、回腸からなっています。
このうち、小腸の十二指腸にできるがんのことを一般に十二指腸がんといいます。
小腸にできるがんのうち、この十二指腸にできるがんが圧倒的に多くなります。

十二指腸がんはがんの発生する部位によりその症状も異なってきます。
十二指腸がんの中でも乳頭部にできる乳頭部がんは、他の部位にできるがんと比べて症状も異なってくるため、十二指腸がんとは別に考えられることもあります。

十二指腸がんは、初期の段階ではこれといった症状があらわれません。
進行が進んでくると、いろいろな症状があらわれてきますが、どの症状も十二指腸がんに特有の症状というわけではありません。

十二指腸は、体の栄養分を吸収する働きをしています。
そのため、十二指腸が機能しなくなると、栄養素が消化吸収されにくくるという障害がおこります。

十二指腸がんの主な症状としては、腹部の痛み、腹満感、吐き気、悪心・嘔吐、下痢などがあげられます。
また、がん細胞が出血することにより、出血や貧血が起こったり、栄養分が体にうまく吸収されないことにより体重が減少したりといった症状があらわれてきます。
十二指腸がんは、大きな腫瘤を作ることが多く、腹部腫瘤としてあらわれることも多くなります。

十二指腸乳頭部にできる乳頭部がんの症状は、比較的早期の段階であらわれます。
症状としては、胆汁の出口を塞いでしまうことでおこる閉塞性の黄疸があらわれます。
乳頭部がんでは、黄疸以外の症状はあらわれにくくなりますが、胆管炎や膵炎を伴うと、腹痛や発熱といった症状があらわれることがあります。
また、下血や貧血といった症状があらわれることがあります。

がんの克服方法

十二指腸がんの症状【十二指腸がんの警告】記事一覧

十二指腸がんの原因【十二指腸がんの警告】

十二指腸は、上腹部の胃と小腸との間にある長さ約30センチの臓器です。十二指腸がんは、消化器系の中ではもっともがんの発症率が低く、約0.3~2.9%の発症率だといわれています。十二指腸がんのはっきりした原因はいまのところわかっていません。しかし、十二指腸がんが発生する過程として、いくつかのことがあげら...

≫続きを読む

十二指腸がんの予防方法【十二指腸がんの警告】

十二指腸がんになる原因の項目で述べたように、十二指腸ポリープが悪性化して十二指腸がんになるというケースがあります。ポリープをそのままにしていたらいつもまにか大きくなり、気づいたらがんになっていた、ということがくれぐれもないようにしなければなりません。すべてのポリープががんに変わるわけではありませんが...

≫続きを読む

十二指腸がんの治療方法【十二指腸がんの警告】

十二指腸がんの治療方法には、外科療法、放射線療法、化学療法とがあります。どの治療方法を選択するかは、がんの進行度や部位、大きさ、患者の年齢なども考慮して行います。十二指腸がんは、早期に発見できれば、内視鏡による治療でがんを切除することができます。内視鏡による切除を行う前には、がんの浸潤の深さを検査す...

≫続きを読む

十二指腸がんの名医【十二指腸がんの警告】

十二指腸がんは症例の少ない病気のため、現在のところその標準的な治療法はまだ確立されていません。そのため、病院や医師によって、治療法もまったく異なってくることも考えられます。内視鏡治療の方法、外科手術の方法、リンパ節切除をする場合、どこまでリンパ節を郭清するか、といったことも今の段階でははっきりと確立...

≫続きを読む

十二指腸がんの手術方法【十二指腸がんの警告】

十二指腸がんの場合、内視鏡によるがんの切除が可能な場合は、内視鏡を使って切除を行います。がんがかなり浸潤していて内視鏡による治療ができない場合には、開腹による手術を行い、がんを切除します。通常の手術では、十二指腸のがん部分を切除する、十二指腸部分切除術が行われます。がんがリンパ節にまで転移している場...

≫続きを読む

十二指腸がんの克服方法【十二指腸がんの警告】

十二指腸がんは、早期の段階で発見された場合、治る確率はかなり高くなります。一方で、がんの進行が進み、胃を3分の2程度切除する膵頭十二指腸切除術を行った場合の予後の生存率は約25~60%程度であるといわれています。このことからも、早期に発見し治療をすることが重要であることがわかります。手術後にがんが再...

≫続きを読む


HOME メール講座 Facebook お問い合わせ