胸腺腫の名医【胸腺腫の警告】

胸腺腫にはこんな名医があります

胸腺腫は非常にまれな病気です。
そのため、胸腺腫を扱ったことのある医療機関や専門医も限られてくることになります。
国立がんセンターにおいても、この30年間に胸腺腫の切除手術を行なった症例はわずか100例となります。
胸腺腫の治療を行うためには、やはり実績と経験のある医療機関や外科医のいるところにお願いするのがよいでしょう。
実績のある病院はやはりがんセンターや大学病院など大きな病院となるでしょう。

胸腺腫の治療に当たってはその症状によって専門医も異なってきます。
もしも、重症筋無力症が合併している場合は、手術を担当する外科医のほかに、神経内科の専門医と一緒にチームを組んで治療に当たっていく必要があります。
また、赤芽球癆という病気は血液の病気です。
赤芽球癆が合併している場合は、血液内科の専門医と一緒になって治療を行っていくことになります。
それぞれの症状に応じた治療を行うにあたって、最も対応の準備の整った医療機関を探しましょう。

担当医が決まったら、治療方針について、医師から説明を受けます。
疑問に思うことなどがあれば、何でも質問をして解決をしておくことが大切です。
その治療方針にどうしても納得がいかない場合はセカンドオピニオンを聞くことも重要です。
治療を行うにあたって、その後遺症や副作用などについても必ず確認しておきましょう。

がんの克服方法

胸腺腫の名医【胸腺腫の警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ