小細胞肺がんの手術方法【小細胞肺がんの警告】

小細胞肺がんにはこんな手術方法があります

小細胞肺がんに対して手術を行うことは非常にまれになります。
小細胞肺がんは進行が速く、非常に悪性度の高いがんです。
発見されたときにはすでに進行しているケースがとても多く、また他の部位への転移も頻繁にみられます。
たとえ手術により腫瘍を取り除いたとしても、すでにがんが全身に転移してしまっていることも多いのです。
そのため、小細胞肺がんの場合は、抗がん剤投与による化学療法が基本的な治療法となります。

手術は片方の肺のみ、あるいは近くのリンパ節にのみ腫瘍がある場合に限って行われます。
小細胞肺がんの場合、発見されたときにはすでに進行がんであるケースが多いため、通常手術は行われないことが多くなります。
また、治癒目的ではなく、がんの種類を正確に調べるために手術が行われることもあります。
検査目的で手術を行う場合、リンパ節の一部を切除し、それを顕微鏡で調べて検査をします。

手術により治療を行い、術後にも抗がん剤投与による化学療法で治療を続けたとしても、がんを再発してしまった場合、再発の小細胞肺がんに対して治療を行います。
再発の場合の治療は主に化学療法になります。
あるいは、患者の症状を少しでも和らげ、生活の質(QOL)を向上、維持する目的で、放射線療法がとられることもあります。
レーザー療法、内視鏡的ステント留置術が行われることもあります。
さらには新しい化学療法を臨床試験として取り入れるという方法もあります。

がんの克服方法

小細胞肺がんの手術方法【小細胞肺がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ