小細胞肺がんの治療方法【小細胞肺がんの警告】

小細胞肺がんにはこんな治療方法があります

小細胞肺がんの治療は、標準治療が確立されています。
しかし、臨床試験として新しい治療法が試みられることもあります。
現在の標準的な治療法としては、手術、放射線療法、化学療法、レーザー療法、内視鏡的ステント留置術の5つの治療方法があります。

小細胞肺がんの場合は、発見された段階ですでに進行していることが多く、手術のみで治癒することはできません。
そのため、小細胞肺がんの治療は化学療法がメインになります。

小細胞肺がんの治療を行う場合、がんの進行度に応じて、2つのタイプにわけられます。
ひとつは限局型で、縦隔やリンパ節に転移がみられるものの、腫瘍が片方だけの肺、あるいは胸郭にとどまっている場合です。
もうひとつは進展型で、腫瘍が肺の外にまで広がっており、遠隔転移が見られる場合です。
小細胞肺がんの場合は、この限局型か進展型かに分けて治療を行っていきます。

限局型の小細胞肺がんの治療は、いくつかの方法があります。
まず、いくつかの抗がん剤を組み合わせる多剤併用化学療法と、胸部への放射線療法とを行っていく方法があります。
症状の重い患者に対しては、多剤併用化学療法のみを行います。
また手術を行い、術後に化学療法、あるいは化学療法と胸部への放射線療法の両方とを行う場合もあります。
いずれの方法の場合も、状況に応じて寛解の患者に対しては脳への放射線療法を行うこともあります。
脳への放射線療法は、がん細胞が脳に転移することを防ぐために行われます。

進展型の小細胞肺がんの場合は、いくつかの抗がん剤を組み合わせる多剤併用化学療法を行います。
状況に応じて寛解の患者に対しては脳への放射線療法を行うこともあります。
また、患者の状態によっては、症状を緩和する目的で、がんの転移した脳、脊椎、骨などの部分に対して放射線療法を行うこともあります。

がんの克服方法

小細胞肺がんの治療方法【小細胞肺がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ