基底細胞がんの予防方法【基底細胞がんの警告】

基底細胞がんにはこんな予防方法があります

基底細胞がんは皮膚がんの中では最も発症率が高く、毎年10万人あたり5人以上が発症しているといわれています。
基底細胞がんの発症と紫外線との関係は明らかです。
基底細胞がんを予防する上では、できるだけ紫外線を直接浴びないように対策を行なうことが重要です。
外にでるときには、日焼け止めなどを塗り、紫外線対策を行なうことがとても大切です。
紫外線は基底細胞がんに限らず、その他の種類の皮膚がんを発症する要因ともなるため、注意が必要です。

また、過去に皮膚の病気にかかったことのある人や、火傷や外傷の跡がある人、また生まれつき皮膚の弱い人などは、そうではない人よりも発症リスクが高くなるといわれています。
心当たりのある人は、特に紫外線対策には気を配ることが大切です。

男女別の発症率をみると、男性の方が女性に比べて発症率が高くなる傾向があります。
これは、男性の方が女性よりも紫外線対策を怠っていることが要因であると考えられます。
男性も紫外線を浴びないように対策を行なうなど注意をすることが大切です。

基底細胞がんをはじめとする皮膚がんの発症はメラニン色素の量とも関係があります。
白色人種ほど皮膚にメラニン色素が少なくなります。
メラニンは紫外線を遮断することで皮膚の細胞ががん化するのを防ぐという働きがあるのです。
皮膚のメラニン色素は、黒色人種が最も多く、日本人は白色人種と黒色人種のちょうど中間くらいです。
黒色人種は皮膚がんを発症する人が少ないというデータからも皮膚のメラニン量が関係していることがわかります。
日本人でも色白の人などは特に日頃から紫外線対策をしっかりと行なうことが大切です。

がんの克服方法

基底細胞がんの予防方法【基底細胞がんの警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ