脳腫瘍の原因【脳腫瘍の警告】

脳腫瘍にはこんな原因があります

脳腫瘍を発症する原因として、遺伝子の突発的異常、放射線、電磁波、化学物質などが考えられていますが、脳腫瘍のはっきりとした原因はいまだに明確にされていないのが現状です。

最近では、携帯電話やパソコンを長時間使用することで電磁波の影響を受け、それが原因で遺伝子が突破的に異常となり、脳腫瘍を発症するのではないかということも言われ始めました。
しかし、これはまだ研究段階であり、あくまでも仮説の段階で確実性には欠けているといえます。

仕事上、長期間にわたり化学物質等と接触している人や、X線に被爆した人も発症のリスクが高くなるといわれています。

脳腫瘍と年齢との関係については、統計学上、高齢者や子供に発症者が多いというデータがあります。
また、もともと免疫力が弱い体質の人や、遺伝的な原因も考えられます。
家族や血縁関係にある親戚の中に脳腫瘍を発症した人がいる人は、リスクも高くなるといえます。

腫瘍の悪化を促す要因としては、喫煙や過度のストレスが考えられます。
高脂質、高たんぱくの食事を過剰摂取することもリスクを高めるといわれています。

また、脳腫瘍の原因として、脳以外の部分のがんが脳に転移することで脳腫瘍になるケースもあげられます。

がんの克服方法

脳腫瘍の原因【脳腫瘍の警告】関連ページ

予防方法
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ