骨腫瘍の治療方法【骨腫瘍の警告】

骨腫瘍にはこんな治療方法があります

悪性の骨腫瘍の治療方法には、手術療法、化学療法、放射線療法があります。

手術療法は、手術により主要部分を切除する治療法です。
手術により腫瘍をすべて摘出できる場合もありますが、悪性腫瘍の場合は、同時に化学療法と組み合わせて治療していくケースが多くなります。
また、手術の前に、放射線療法などで腫瘍を小さくしておいてから、手術で腫瘍を切除することもあります。
あらかじめ腫瘍を少しでも小さくしておくことで、切除する必要のある組織や骨が少なくなり、患者への体の負担も少なくてすみます。

化学療法は、抗がん剤を使って腫瘍を死滅させようとする治療法です。
抗がん剤は、口から服用する方法や、筋肉や静脈に注射する方法などがあります。
体の中に入った抗がん剤の薬は、血液を流れて全身のがん細胞に届きます。
この方法を全身化学療法といいます。
一方、局所化学療法は、臓器や脳脊髄液などの体腔に薬剤を直接注入し、集中的にがん細胞を攻撃する方法です。
どちらの化学療法を行うかは、腫瘍の種類や進行度によって異なってきます。

放射線療法は、腫瘍部分に放射線を照射することによって腫瘍を死滅させたり、あるいは小さくしたりしようとする治療法です。
しかし、骨肉腫の場合、この放射線療法はなかなか効果がないため、通常は他の治療方法と組み合わせて行います。

そのほかには、サマリウムといわれる放射性薬剤を用いた治療法や、患者の免疫力を利用する免疫療法などもあります。

他の部分のがんが転移した転移性骨腫瘍の治療に関しては、原疾患の科をはじめ、放射線科、整形外科、リハビリ科などを含めた総合的な判断が必要になります。

がんの克服方法

骨腫瘍の治療方法【骨腫瘍の警告】関連ページ

原因
予防方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ