膀胱がんの予防方法【膀胱がんの警告】

膀胱がんにはこんな予防方法があります

膀胱がんを発症する年齢は50歳~60歳台で一番多くみられますが、若年層にも発症はみられます。
男女別にみると男性の発症率の方が高く、女性にくらべて約3倍といわれています。

膀胱がんの発症率は決して多い数ではなく、人口10万人あたり毎年約17人の割合になります。
しかし、膀胱がんの患者は年々増加傾向にあります。
そのため、膀胱がんを発症しないようにあらかじめ予防を行っていくことが重要になります。

膀胱がんを発症する大きなリスクとして考えられているのがタバコです。
そのため、喫煙の習慣がある人は、できだけタバコを控えることが発症の予防となります。
喫煙は膀胱がんに限ったことではなく、他のがんの発症要因にもなります。
さまざまながんを予防するためにも、できれば禁煙をすることをおすすめします。

また、ワラビやゼンマイなどの食べ物は、発がん性の物質を含んでいるといわれています。
これらの食物を食べ過ぎないように気をつけましょう。
また、塩素消毒した飲料水やコーヒーの過剰摂取もリスクを高めるとされているため、飲みすぎには要注意です。

膀胱がんを予防するのに効果的なのは、水分を多くとることだといわれています。
実際に、水分を多く摂取する人と、そうではない人とでは、膀胱がんを発症する割合に明らかに差があらわれるといいます。
水分を多くとることで、尿中にある発がん性の物質の濃度を希釈する効果があるといわれています。
また、膀胱内にある尿をできるだけ早く外に排出することも予防にはいいとされています。
これらのことから、普段から意識してできるだけ水分を摂取することがいいと思われます。

特に体に異常を感じることがなくても、定期検査は必ず受けるようにしましょう。
そして、もし血尿や頻尿などの症状が頻繁に見られるようであれば、すぐに泌尿器科系のある病院を受診しましょう。

がんの克服方法

膀胱がんの予防方法【膀胱がんの警告】関連ページ

原因
治療方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ