胆管がんの手術方法【胆管がんの警告】

胆管がんにはこんな手術方法があります

胆管がんの治療は基本的には手術による切除になります。
胆管がんの手術の場合は、胃がんや大腸がんのようにこれといった治療の体系が確立されておらず、あくまでもがんの広がり具合に応じて行われます。
胆管のまわりには、門脈や肝動脈といった非常に重要な血管が流れているため、安全でかつできるだけ根治的な手術を行う必要があるのです。
手術前には、がんがどの程度まで広がっているのかを正確に診断してから治療を行うことが非常に重要になります。

がんがかなり進行し、手術による切除だけでは治癒することができないとわかっている場合でも、黄疸を取り除く目的で手術が行われることもあります。
また、腫瘍が大きくなりすぎて腸管を圧迫している場合、腸管への閉塞を解除する目的でも手術が行われます。

比較的早期のがんで、腫瘍が小さい場合は、胆管のみを切除します。
さらにがんの大きさに応じて、胆管のほかにも、膵臓の一部や十二指腸の切除を同時に行ったり、あるいは肝臓の切除なども行われる場合もあります。
手術はがんの部位や広がり具合によって異なります。

胆管の肝門部と上部にできたがんにおいては、肝臓に大きくかかわってきます。
この場合、左右の肝臓のどちらかを半分を切り取る手術が行われます。
一方、胆管の下部にできたがんは、膵臓に近い位置にあるため、膵臓の一部も一緒に切除する方法がとられます。

また、胆管の中部にできたがんの場合も、通常は肝臓側か膵臓側かどちらかに片寄って広がっています。
肝臓か膵臓のうち、どちらかより近いほうの臓器を一部一緒に切除することになります。

がんの浸潤が、肝門部から下部へと広がっている場合は、肝臓と膵臓の両方を切除しなければならない場合もあります。
この手術は現在のところ安全な治療法とはまだいえない状況にあります。

がんの克服方法

胆管がんの手術方法【胆管がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ