膣がんの克服方法【膣がんの警告】

膣がんにはこんな克服方法があります

膣がんの予後は残念ながら比較的不良となっています。
5年後の生存率は、約40%~50%程度になります。
これはあくまでもデータであり、数字はがんの進行具合や患者によっても変わってくることが予想されます。
しかし、膣がんは転移がしやすく、進行もはやいがんのため、再発もしやすくなることで、生存率も低くなることが指摘されます。

膣がんが再発してしまった場合、がんがごく表面に限られれば、手術や放射線療法により治療を行うことが可能です。
しかし、深く浸潤し、他の臓器にまで転移してしまった場合は、治療は非常に困難になります。
この場合には、前回の治療方法を考慮しながら、いくつかの治療方法を組み合わせて集学的に治療を行っていくことになります。

また、膣がんの治療にはさまざまな副作用や後遺症があることが予想されます。
抗がん剤を使った化学療法などは、化学療法の専門医が行なっていくので、副作用に対する対策もされているとは思いますが、ある程度の副作用は軽減されたとしても、治療後もこれらの副作用や後遺症に苦しむことになるかもしれません。
しかし、必ずがんを克服してみせるという強い気持ちを持って、がんとたたかうことも必要です。
どうしても耐えられないときは、主治医に相談しながら治療を進めていきましょう。

膣がんの再発は3年以内におこる可能性が高いといいます。
膣がんを治すことができたら、再発予防のために必ず3ヵ月ごとには検査を受けるようにしましょう。

がんの克服方法

膣がんの克服方法【膣がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
治療方法
名医
手術方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ