膣がんの症状【膣がんの警告】

膣がんにはこんな治療方法があります

膣がんの治療は、外科療法、放射線療法、化学療法の3つが主な治療法です。
そのほかにもレーザー治療を行うこともあります。
どの方法で治療を行っていくかは、がんの種類や進行具合などによって選択していきます。

外科療法は、手術により腫瘍部分を切除する方法です。
手術によってがんをすべて取り除くことができれば、それが一番確実な治療となります。

放射線を照射することでがん細胞を死滅させようとする放射線療法は、膣がんの治療法の中でも主な治療方法です。
放射線療法には2通りあります。
ひとつは腔内照射法で、膣腔内に直接放射線を照射し、がんを死滅させていこうとするものです。
もうひとつの方法は外部照射法で、体の外から放射線を照射してがんを死滅させるものです。
放射線療法は、単独で行なわれることもあります。
手術による治療が不可能な場合にも放射線による治療が行われます。
また、手術を行なった後の補助療法として行なわれることもあります。

化学療法は、抗がん剤を投与していく治療法です。
化学療法のみを行なうことはほとんどなく、通常は手術や放射線療法と併用して行なわれます。
抗がん剤の投与は、口から薬を入れる経口法と、静脈注射により投与する方法とがあります。
抗がん剤は、血液を流れて全身にいきわたらせることにより、膣のがん細胞を死滅させようとする方法です。
抗がん剤は通常いくつかの種類を組み合わせて投与していきます。
しかし、抗がん剤だけで膣がんを完治させることはできないため、通常は外科療法や放射線療法と組み合わせて行なわれます。

がんの克服方法

膣がんの治療方法【膣がんの警告】関連ページ

原因
予防方法
名医
手術方法
克服方法

HOME メール講座 Facebook お問い合わせ